老人ホームの種類

高齢化が進む日本において、高齢者の介護問題は非常に深刻で、避けては通れない問題です。そんな介護をはじめとする高齢者の生き方を考える際に、選択肢の一つとなるのが老人ホーム。現在、老人ホームで高齢期を過ごす人も非常に多くなっています。ただ、老人ホームと言ってもその種類は様々。この種類が意外と多く、ややこしいので老人ホームを選ぶときに迷ってしまうことも少なくないのです。まず、有料老人ホーム。この有料老人ホームはさらに、介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームに分けられ、介護の有無や生活スタイルに差があります。一時金や入所金などが立地やサービス、介護の有無などによって大きく違うのが特徴です。また、サービス付き高齢者向け住宅、というものもあります。これは高齢者の住みやすい住宅環境(バリアフリーなど)をつくり、高齢者を受け容れます。地域のパトロールや安否確認などのサービスがあり、在宅介護事務所が併設してあるところでは在宅介護を受けることができます。ただし、この住宅に入所する人は介護が必要のない高齢者が多いのが特徴です。グループホームという形態の老人ホームもあります。これは、認知症の症状があり、病気や障害で日常生活が困難な高齢者を受け入れる施設です。地域密着型サービスと言われるサービスの一環ですので、グループホームがある地域に住民票がなければなりません。

また、軽費老人ホームという老人ホームは、A型・B型・C型(ケアハウス)に分かれます。ただ、現在A型・B型の施設は少なく、新設されることもないので減少傾向にあります。ここでは、生活支援サービスが主で、自立した生活を行うことを主な目的としています。身寄りがない人や家族との同居が困難な高齢者を、自治体の助成を受けながら比較的低料金で受け入れるためにこう呼ばれています。現在はケアハウスが中心で、介護サービスを受けることも可能ですが、障害の度合いによっては受け入れが困難で、退去しなければならないこともあります。介護老人保健施設(老健)という施設は、病院と自宅の中間の役割で、退院後にすぐに自宅に帰るのが不安な高齢者などを受け容れます。ただし、入所期間が長くても1年未満ですので、その後有料老人ホームなどに転居すする人が多いのが特徴です。養護老人ホームは、身体的・精神的理由や、経済的理由などで自宅での生活が困難と判断された高齢者を受け容れています。これは地域自治体の審査を経て、入居が必要とされる人を優先的に入所させます。費用負担が軽いのが特徴ですが、全国的にも数が少なく、入所は簡単ではありません。このように、ざっと見るだけでも多種の老人ホームが存在し、その特徴も異なっています。その中に、「特別養護老人ホーム」というものがあります。実は、日本では現在この特別養護老人ホームが非常に重要視され、必要とされています。ただ、この特養は誰もが入れる、という施設ではありません。そこで、ここではそんな特別養護老人ホームについて詳しく見ていきたいと思います。きちんとした知識を持っておくと、老人ホームをうまく選ぶことができますよね。